toy♥hobby♥comic

買ったものとか読んだ本とか

「ブリューゲル バベルの塔展」に行きました

少し前になりますが、東京都美術館で開催された「ブリューゲル バベルの塔」展に行きました。東京会場終了間際の滑り込み……

f:id:toyhobbycomic:20170707184047j:plain

ブリューゲルとは銘打っているものの、展示の前半は同時代の名も知れない作家達の作品のボリュームが多かった印象。絵画・版画だけでなく彫刻もありました。宗教絵画がほとんどだった時代から風景画や市民を描いた絵画が増えていく、その変化の時期ということもあり、前半は特に宗教画が多いです。

中盤は、今回の展示の二番目の目玉でもあるヒエロニムス・ボスの絵画と、彼のフォローワー達の作品。私は今回の展示で初めてボスを知ったのですが、一見普通の絵画の中に謎の生き物や超現実的なものが描かれていて、ちょっとシュールレアリスムっぽくて面白いなと思いました。

ボスの描いたような謎の生き物が展示の中で「ボス風のモンスター」と呼ばれていたんですけど、ボスを知らなかった私はリーフレットに書かれた「ボス風のモンスター」というのを読んで「ザコ風のモンスターもいるのかな?」と思ってしまった……

ボスのフォローワー達の作品の次が、ブリューゲルの版画です。ブリューゲルの作品集とかだと絵画が多いので、版画がたくさん並んでいるのは珍しくて面白いなと思いました。とても細かくて面白い。

で、最後がいよいよ「バベルの塔」なんですが、

 

思ったより小さい……

 

バベルの塔のお話のイメージと、バベルの塔のすごい大きなジグソーパズルを見たことがあるので、その感覚で大きな絵を想像していたんですが意外と小さかった。近くで見たい人は列に並んで、でも目の前で立ち止まることはできなくて流し見する感じになります。でもあまり近くには寄れないので、細かく描かれた人々の姿とかを観察することはできないです。長時間見たい人は、近くで見る人の列の後ろに立って、人の隙間から眺めることができます。こっちはさらに遠くなるので双眼鏡とかあってもいいのかもしれません。実際使っている人もいました。

近くでじっくり見られなくてちょっとがっかりだったのですが、塔の上部の赤い色が使われている部分(光源が当たっている部分)が本当に光っているように見えて、色遣いがとても綺麗だなーと思いました。

細かな部分については動画での説明と、拡大した複製画みたいなもので見られるようになっています。

 

話題の企画展だったせいか全体的に人が多く、特に版画は細かいので細部まで見ようとする人で動線が詰まってしまって、あまり快適に見れなかったのが残念でした。

あと、最近美術館で気になっているのがヘッドフォンで聞くナレーションなんですけど、「ナレーションが流れてるからもう作品は見終わったけどとりあえず作品の前にいる」人が多い気がして、あれはどうなのかなーって思ってます。

私は使ったことがないんですが、いいものなんですかね…?最近は人気の声優さんを起用したりしてて結構どこも力入ってますよね。収益性が高いのかなー たまに音漏れしてる人がいるので気を付けてほしいなって思いました。

 

f:id:toyhobbycomic:20170707184443j:plain

今回の企画展のマスコットキャラクター 出口近くの隅のほうにいました。

書は捨てないけど街へ出た

基本引きこもりで知らない人と会うのにHP・MPを削られるタイプなんですけども6月17日に開催された「バットマンコミックを語る会」に参加させて頂いたらとっても楽しかったので忘れないうちに備忘録。

 

場所は、浦安駅から北口からすぐの「LIVERPOOL」さん。

 お店に入る前からバンダイが出してた等身大アイアンマンの半立体のやつとか見えてていやが上にも期待が高まる。
店内に入るとまず目に入るのが大きなショウケースにずらっと並んだアメコミヒーローのフィギュアやトランスフォーマーのトイ。バットマンの会合にも関わらず思わずTFを見てしまうのは仕方がない。
奥に向かって右手には同様にフィギュアとアメコミ、その奥にテーブル(この日は皆さんが持ち寄ったコミック置き場になっていた・閲覧自由!)とカウンター、左手側はテーブル席になっていて、壁は映画のポスターやTシャツ、ブリスター入りのフィギュアなどで彩られている。

もうここに住む……!

一瞬でファンになってしまった。

 

料金はチャージ料+1ドリンクで合計1000円、ドリンクを頼んだところで引きこもりの人見知りは硬直してしまったのだが、なんとか勇気を振り絞って空いている席に座らせてもらい、お話させて頂いたり、「バットマンのラブレター」というゲームで遊ばせてもらったりした。

私はディックが好きなのだけど、公言したらコミックだけでなくおすすめの映像作品も教えて頂けて、あとはコラボアパレルの情報とか、グッズ関連のことも皆さんお詳しくていろいろほしいものが増えてしまった。

コミック置き場では気になっていたミュータント・タートルズとのコラボコミック(絵が可愛い!)や、古い子ども向けの冊子を見せて頂いたり、「これがおすすめ」「これが一冊で完結していて読みやすいよ」と邦訳コミックを勧めて頂いたり。

バットマンだけでなくジャスティス・リーグの面々や、なぜかMARVELのほうにまで話が及び、とても楽しくてためになる時間を過ごさせて頂いた。

これまでずっと手探りでネットの情報を頼りに読み進めてきたけど、実際にいろいろと読んでいる方に直接ご教示頂けるというのは、もっとずっと多くのことを、はっきりと、たくさん学べるんだなぁと感じた。

 

敷居高くない

バットマンは歴史も長いし、「こんなことも知らないの?」系のことを言われるのではないかとどきどきしながら行ったのですがまるで杞憂でした。とても失礼なことを考えていたなと反省。

また機会があったら参加したいです。

 

神保町で途方に暮れる

先日「バットマンコミックを語る会」という会合に参加したときに教えて頂いた神保町の古書店「@wonder」に行ってみた。

(語る会のことは別記事にする予定)

 

お店の場所は神保町駅A1出口からすぐ。

だが、水道橋駅から歩いて行ったので、ちょっと距離があった。東口を出て、いつもだったらGロッソに行くために東京ドーム方面へ向かうところを逆方向へ。ひたすらまっすぐ歩き、大きな交差点に出たら、スーツ屋さんがある方のブロックまで横断歩道を渡り、右方向へ。で、またまっすぐ歩く。

 

神保町は何度か来たことがあるけど迷わず目的の場所へ行けたためしがない。

見落とさないように周囲を見渡しながら歩いていると、かごにざっくり入った「ファンタスティック・フォー」のリーフを発見。1冊100円。わあ、ここもアメコミあるのかな?と思ってよくよく見たら目的の「@wonder」だった。

 

店内に入るとすぐ左手にDC、MARVELのリーフ、PBがずらり。上段は何冊かセットになった商品が陳列され、反対に下の方の棚には100~200円のリーフもある。

また、階段脇の書架にもアメコミと、DVDなどのメディアやアメコミ映画のパンフ、解説本などが並んでいる。

並んでいる本の表紙を見たりしていたのだが、どうにも、その先がわからない。

何が欲しいのか?掘り出し物があるとしたら、どれなのか?そもそも、何か欲しいのか?なにしにきたんだっけ……

 

PBは背表紙があるからまだいいものの、リーフに至っては陳列のルールも見つけられず、途方に暮れたのでありました。

仁和寺にある法師になった気分。少しのことにも先達はあらまほしきことなり。

 

TINY TITANSが9冊セットになっていたのは気になったけど、持ち帰ることとお財布の中身と相談して諦めました。

ブログを始めます

買ったものや読んだ本、感じたことなどについて書くつもりです。

よろしくお願いします。